まつりとリーダーシップ

19日・20日雲仙春まつりが開催されました。

毎年、GW明けの観光客の落ち込む時期を狙って開催され、今回25回目?

太鼓あり、よさこいあり、マーチングバンドあり、のなんでもありありのお祭りです。

主催は雲仙青年観光会。本年は私が会長を務めております。

といっても17名の少人数のアットホームな会であります。

P1010052

ここ数年毎年出演いただいている瑞宝太鼓の演奏。その実力は年々上がってきており、アテネパラリンピックにも出演されている、雲仙市瑞穂町の太鼓集団。

実は彼らは知的障害というハンディを持っています。

今回もその演奏は素晴らしく、リーダーの岩本君の『僕達は字を書くことや、計算することは苦手ですが太鼓は一生懸命頑張っています。』という挨拶にはみていただいているお客様全員が感動。

演奏終了後には『ブラボー!!』の声まで・・・。

声を掛けていただいた福岡県教育委員会の方(観光客)は目を赤くしながら連絡先を聞いてこられました。

そして雲仙市愛野町の琉球太鼓の演奏がはじまるころには、、、

P1010059

多くの観客が・・・在籍15年間の間で、ここまでの集客は初めてです。

P1010066

そして目玉の『ゆうたろう』氏。

準備かれこれでじっくりとは見れませんでしたが、お客様もかなり喜んでいただけたようです。

舞台裏では、、、

DSC03593

我らが兄貴、『奥村慎太郎雲仙市長』も子供達の人気者でした。

過去最高の盛り上がりに、過去最高の集客、過去最高のリーダーシップを発揮してまとめ上げた実行委員長・・・

isida

石田君

今回は祭りを開催する目的、目標を明確にしてもらいながら開催にこぎつけました。

意識的に彼を苦しめる課題を与えたりしながら・・・

それを難なく乗り越え、メンバーをまとめ上げ大成功にこぎつけた最高の委員長です。

帰り際のお客様から『良かったよ!楽しめた。』との声をかけていただきました。

お疲れ様、石田君!!

私はtoto BIGの結果が気になってしょうがなかったのですが、、、、

やっぱりはずれてました・・・。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP