基礎天端均し。

日曜日に基礎コンクリート打ちを行い、今日は型枠解体と天端均しを行ないました。

『早すぎない?』とお思いでしょうが、年内に土台敷まで終わらせたいのでまたまた早強コンクリートで工事を行なっています・・・。

基礎型枠

写真は基礎型枠の様子です。

もちろんアンカーボルトはアンカーヘルパー君で計画通りに先に取付を済ませています。

こうする事で、土台の継手部分と、筋交いの取り付く引き抜き力の働く柱の側に確実に取付ができ、おまけに大まかに設置する『田植え』よりも経済的な設置が可能となります。

また、『田植え』では硬化前で、差しても沈まない程度に半硬化状態で設置する事になり、アンカーボルトの廻りに空隙ができることが多く、場合によってはほとんど引き抜き力が得られない場合もあるのです。

天端塗り

これは本日の作業の土台を敷く前の天端均し状況ですが、良く見ると(見えないかな?^_^;)アンカーボルトがほぼ垂直に立っているのが判るかと思います。

斜めに立っているとコレを真っ直ぐに『台直し』しなければならず、これも引き抜き力を弱める原因にもなるのです。

コレをご覧の皆様も、『アンカーボルトは先付けしてね!』と工務店に言って下さいね!

さて、昨日から我が雲仙市消防団小浜師団第6分団も年末警戒が始まっております。

私は役付きなので、今週一杯は毎晩詰所に詰めております。

今晩もこれから遅刻して参加してきます。敬礼!!

関連記事

最近の記事

PAGE TOP