祝日

今日は祝日だったんですね。なんだか雲仙は車が多いなぁ・・・と思ってましたが。

さて、諫早ハウスですが本日の作業は、内部クロス工事、塗装工事です。クロスもほぼ本日で終了、明日から床の塗装工事に入ります。

で、明日は家の中は立ち入り禁止となります。

今日はいつもの写真と違い、内部のご紹介をしたいと思います。

japanese

リビングの奥の和室です。リビング床レベルより45cmほど床を上げてあり、下のスペースは物入れとなります。

階段はないので、お年を召された方には面倒な和室です。^_^;

living

和室側からキッチン、階段方向を見ています。左側の棚はベンチとなっており、もちろんベンチ下も物入れとなります。

また、筋交に囲まれた真ん中の部分はトップライトとなっており、上部の光はリビングを明るくして、そのまま1階のピロティまで届く事となります。

2階床と1階ピロティとの仕切りは強化ペアガラスとなってますので、私が酔っ払って上に乗っても大丈夫(多分)です。

奥はキッチンとなっており、2階へ上ると全ての居室が建具のない、ワンルーム形式となっています。これはエアサイクルの家の特徴、『冬暖かく、夏涼しい』事から実現しております。

キッチンはオープンタイプのものではなく、通常のⅠ型キッチンから吊戸棚をはずし、オープン用の換気扇をつけています。

何故かと言うと・・・私の考えでは、キッチンを常にきれいな状態に保つ事は難しく、おまけにお客さんがいる時にあまり手元を見られることは、よほど料理の腕に自身がない限り女性は苦痛ではないかとの考えからです。(うちの嫁あまり料理が上手でないので・・・^_^;)

Dsc00604

キッチン裏側にはこのように大開口があります。天気の良い日は五家原岳を望む事が出来ます。

この窓の机で奥さんがアイロン掛けをする予定です。左側にはガレージ上のルーフバルコニーがあります。

キッチンより向こう、写真の右側にはこれまた建具のない壁で囲まれた子供室があります。仕切りは将来カーテンで安上がりにしています。

子供部屋はできるだけ居心地を良くしない事が私の教育方針の一つです。

nakaniwa

子供室の窓からはこの景色です。

ウッドデッキの真ん中にはトネリコの木が植えられる予定です。トネリコは葉が軽く、風にたなびく姿を見るのはとても気持ちいいので、よく使う木です。

右側はリビングの窓になりますから、窓越しに子供の素行を監視(>_<)する事ができます。

っていうか、常に家族の気配を感じることが出来ますよね。

ウッドデッキから寝室、子供室を見ています。左右は目隠しとなる木塀で囲まれておりますので、色々な使い方を考えているところです。

north

初公開の北側立面となっています。こちらは白一色で張られています。ガレージがバカでっかく見えますねぇ・・・

entrance

現在ここの外構をどうするか悩んでいるところです。

正面の真ん中にやまぼうしの木を植える事だけは決めているのですが・・・。

もう予算もないので砂利敷きにしてしまうかもです・・・(ーー;)

なにかアイデアがありましたら是非教えてください。

と、こんな感じの家ですが、写真と私の説明文では良くわかりませんよね。

これからまだどうなるかわからない部分も多々あります。これからは建物を引き立てる部分ですので、よくよく考えていこうと思っているのですが・・・。

長々と読んで頂きありがとうございました。

関連記事

最近の記事

PAGE TOP